介護など様々なシーンに使われるので種類は豊富

昇降機の種類にはどんなものがあるか

昇降機は介護を必要とする方や介護する側にとっても負担を軽減してくれるアイテムですが、どのような種類のものがあるのかみていきましょう。曲がり階段用の階段昇降機と直線型の階段用の階段昇降機とに分けられます。曲がり階段用の昇降機は椅子式となっていて、L字型の階段やコの字型、らせん階段まで対応しています。途中に踊り場の無い状況で使う直線型の階段用の昇降機は椅子式と車椅子式とがあります。
曲がり階段とは違って階段が直線になっている為、レール自体も直線の形状となる為、曲がり階段よりも取り付けが簡単にできます。車椅子用の階段昇降機は、車椅子利用者が車椅子に乗ったまま階段を移動可能にしてくれる昇降機で、曲がり階段には対応していません。主に公共施設などの大きな建物で使用され、福祉施設などのバリアフリー化において効果を発揮しています。
また、垂直な段差を解消することが出来る段差解消機というのもあります。一般家庭にある2m以下の段差に対応している商品や、公共の場における4m以下の段差に対応している商品があります。このように昇降機には色々な種類があって、家庭や公共の施設など様々なシーンで使われ、手助けが必要な人のサポートに役立っているのです。

昇降機は補強や設置工事が必要

昇降機とはその名の通り上るために使われる機械のことで、一般的にはエレベーターなどを指す言葉です。しかし昨今ではバリアフリーの浸透により、車椅子などを利用する足が不自由な方を介護する目的で使われる装置のことを指すようになってきました。昇降機には多数の種類が存在しますが、どんなものがあるのでしょうか?
まず昇降機の中には、階段での補助に使われる昇降機があります。階段の手すりなどに取り付け工事を行うことで、階段を椅子に座るような形で階を移動出来る形状のものですね。この階段に取り付けるものにも種類があり、「直線型」「曲線型」「螺旋型」などの種類があります。こういった昇降機を取り付けるには一定以上の階段幅が必要になるため、狭い階段には利用できないこともあります。
次に乗り込み型と呼ばれる、車椅子に乗ったまま乗ることが出来る昇降機があります。このタイプの昇降機は、主に玄関などの段差がある場所に利用されることが多く、バリアフリーの手が届かない場所に設置されています。メリットとして本人だけでも操作が可能なものが多いことが挙げられ、介護者が近くにいなくても移動が出来るメリットが大きいですね。このように昇降機には多くの種類が存在しますが、総じてある程度の補強や設置工事が必要です。しかし必要な方にとっては非常に便利なため、設置を考えている方は是非前向きに検討してみてはいかがでしょうか。